荒川祐二 プロフィール

荒川祐二(あらかわ ゆうじ)

作家(小説家)
1986年3月25日生まれ
上智大学経済学部経営学科卒。

大阪の中学、高校を卒業し、上智大学に入学。その後、大学時代に「自分を変えたい!」という思いで、毎朝6時から日本一汚い場所新宿駅東口の掃除をたった1人で始める。『背中に一緒に掃除してくれる人募集!』と書かれた看板を背負って始まった活動は、周りの人の心を動かし、ホームレスから始まり、1人、また1人と仲間が増え続けた。半年後の2007年5月3日(護美の日)には、全国で一斉にゴミ拾いを開催。

全国27か所、総勢444人の人を集める。その活動は現在も継続され、2009年5月3日には全国200か所、全世界26カ国、総勢15,534人、2010年5月3日には、全世界30カ国以上、総勢10万3,036人、2013年5月3日には環境省と官民一体で行うプロジェクト 『GOMIファンタジスタプロジェクト』として全世界300箇所以上、15万3,894人という全世界ムーブメントに広がっていった。

現在は本業として作家、小説家業を行う一方で、上記のゴミ拾いの活動、ニートや引きこもり、定時制に通う若者たちを積極的に採用する飲食店の経営、書のアーティストとしての活動、通算300回以上に及ぶ全国の学校を中心とした講演活動、イベント、メディア出演等、様々な活動を行っている。

これまでの著書に「半ケツとゴミ拾い」(地湧社)、「ゴミ拾いから見えてきた未来」(美健ガイド社)、「伝え屋」(廣済堂出版)、編集担当作品「BREAKpoint 人生が変わる瞬間」(サンクチュアリ出版)、「NO BORDER 世界を1つに繋ぐ歌」(サンクチュアリ出版)、「奇跡の紅茶専門店」(マガジンハウス)、「あの時やっておけばよかったと、いつまでお前は言うんだ?」(講談社)がある。

荒川祐二 プロフィール

執筆活動(Books)

『良いことを面白く』をコンセプトに2013年より本格的に作家としての執筆活動を開始。
型に囚われない斬新な文章の書き方と構成方法が評判を呼び、今後様々な形での出版が予定されている。

⇒より詳しい情報は『Book』ページへ


講演活動(Lecture)

荒川祐二 プロフィール

『人の心に何か1つの足跡を』をテーマに、2008年より通算300回以上、累計人数10万人以上への講演活動を全国各地の学校を主に、また企業、団体、イベントでも行い、現在も年間60~70回のペースで行っている。

⇒荒川祐二の講演をご依頼の方は『Contact』ページへ

【これまでの主な講演場所】
明治大学、岡山大学、富山大学、広島大学、静岡県立大学、神奈川大学、横浜高校、近江高校、神戸松蔭高校、帝塚山学院高校、横浜中学、犬山中学、柏小学校、その他、都道府県、教育委員会主催、高円宮妃殿下の御前講演など多数。


社会貢献活動(Volunteer)

荒川祐二 プロフィール

2006年よりたった1人で始めたゴミ拾い活動が現在は環境省との官民一体のプロジェクト「GOMIファンタジスタ プロジェ クト」へと進化。『目の前のGOMIを堂々と拾える人を増やす』をコンセプトに5月3日のゴミ拾いや様々なゴミ拾いのイベントを全国で主催している。

⇒GOMIファンタジスタプロジェクトHP


創作活動(Create)

荒川祐二 プロフィール

『あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます』を主とした書の創作活動を講演会後や全国のデパート・ショッピングモールの個展会場で行っている。

⇒ご希望の方・お問い合わせは『Contact』ページへ


飲食事業(Food&Company)

荒川祐二 プロフィール

『居場所のない若者たちが輝ける場所を作る』のコンセプトの下、ニートや引きこもり、定時制高校に通う若者たちを積極的に採用するラーメン店の経営を行っている。



荒川祐二 プロフィール

2010年より自己資金で始まったその店舗は現在までに大阪で「ラーメンあっぱれ」、「風雲亭」の2店舗、スタッフ総数約50名、1店舗当たりの1日来客者数300人以上の規模の繁盛店にまで発展している。

⇒この件に関する取材依頼・お問い合わせ等は『Contact』ページへ


その他(Other)

首相公邸チャンネル

内閣総理大臣安倍晋三氏夫人 安倍昭恵氏と共に首相公邸から配信される史上初の番組 『首相公邸チャンネル』。



首相公邸チャンネル2

はるな愛さんや相川七瀬さん、小林幸子さん、藤井リナさん等、数々の大物ゲスト迎えて収録されている、そちらの番組のMCを荒川祐二は務めさせて頂いている。

⇒『首相公邸チャンネル』の視聴はこちらから

⇒『安倍昭恵×荒川祐二スペシャルインタビュー ~私がこの番組を始めた理由~』